【マギレコ】メモリア1のやつ2人使ってるんだけどセンターの攻撃番が来ないと勝ち目全くないね

596名無しさん@お腹いっぱい。 2018/10/28 18:28:06 NmJJn8sZ
どうやってAとか分かるん?
右に書いてある記号は自分の立ち位置の記号?
597名無しさん@お腹いっぱい。 2018/10/28 18:57:37 HPWgO6Gm
>>596
血液型だよ

598名無しさん@お腹いっぱい。 2018/10/28 19:09:40 dxQ/qj8Q
なぎさでセルラン1位取れなかったらくーほむ前に終わりかもね
633名無しさん@お腹いっぱい。 2018/10/29 01:11:34 niAvCMjC
レナの水着姿無駄にしないでよね!
しっかり抜きなさいよ!
634名無しさん@お腹いっぱい。 2018/10/29 01:15:21 EpcVR3xJ
>>597
ありがとう、A型のまま終わった
星の数には気がついていなかった
メモリア1のやつ2人使ってるんだけどセンターの攻撃番が来ないと勝ち目全くないね
635名無しさん@お腹いっぱい。 2018/10/29 01:24:18 W600s7Nh
カニバ先生筆乗ってんなあ
636名無しさん@お腹いっぱい。 2018/10/29 03:11:58 bMMBkEQP
いろは「もっと美味しい魔法少女はいないかなぁ」

まどか「そこまでだよ、いろはちゃん」

俺「ほう・・・これはこれは隣町からはるばるようこそ」

ほむら「ワルプルギスを倒して全部終わったと思ったら・・・まだ危険因子が残っていたなんてね」

いろは「あれ、他のマミさんとかさやかさんはどうしたんですか?」

まどか、ほむら「・・・」

俺「もしかしてワルプルギスの夜との対決で死んじゃったのかな? その顔は図星みたいだね」

いろは「なーんだ、特にマミさんとか脂が乗って美味しそうだったのに・・・残念だよ」

ほむら「・・・どうやら堕ちるところまで堕ちたみたいね まどか、手を」

まどか「うんっ!」

————。まどかはほむらの手を握り、その瞬間時間が停止した。
俺といろはは時間が止まり、まどかとほむらだけが動ける状態になった。
そしてほむらは俺といろはの周りに大量の爆薬をセットした。

まどか「いろはちゃん・・・・・救ってあげられなくて、ごめんね  はぁっ!!」

まどかは天に向けて矢を放つ。そして、天に沢山の魔法陣が現れ、俺たちめがけ矢が降り注ぐ。

ほむら「・・・・・・終わりよ」

——————————————————————————!!!!!!!!!!!
ほむらが時間を動かし、同時に俺といろはに2人の攻撃が炸裂する。

ほむら「これで・・・・終わったのね・・・・・」

俺「果たしてそうかな」

ドスッ・・・びちゃぁあああ!!!
俺はほむらに間合いを詰め、手でほむらの腹を貫く。そしてそのまま心臓を引っこ抜いた。
俺は心臓を一口で食べ、咀嚼して飲み込んでやった。

ほむら「がは・・・・ぁ・・・・ぁあ・・・・・・」

まどか「ほむらちゃん!!?いやぁああああああああ!!!」

いろは「あっ、心臓は私の大好物なのにー   じゃあ、まどかさんの心臓は私が貰うからね」

ほむら「どう・・して・・・あの攻撃を受けて・・・なんで生きて・・・・」

俺「時間が戻った瞬間に俺といろはちゃんにバリアを張っただけだよ 沢山の魔法少女を食べた俺の作るバリアをあんな攻撃で砕ける訳ないじゃないか」

637名無しさん@お腹いっぱい。 2018/10/29 03:21:42 bMMBkEQP
まどか「ほむらちゃん・・・・嫌・・・死なないで・・・」

いろは「あはっ、その前にあなたから終わらせてあげる」

ドスッ!ドス!ドス!びちゃぁああああああああ!!!
いろはは矢を素早く連射し、まどかに刺しまくる。
まどかは血を吹き散らかしながら、倒れそうになりながらもほむらに駆け寄る。

ほむら「まど・・・か・・・!?だめ、逃げて・・・あなただけ・・・でも・・・」

俺「いろはちゃーん すき焼きの準備できたよ 後は肉だけだね」

いろは「うんっ、じゃあ2人とも 調理してあげるね 仲良くお肉になっちゃえ」

ザクッ!ザク!びちゃぁああああ!!ぐちゅ!ぐちゃ!!!
いろはは慣れた手つきで弱ったまどか、ほむらを〆て、血抜きして捌いて細かく切り分けた。
そして沢山の肉を鍋にぶち込み、グツグツと煮込んでいく。

いろは「まどかさんの心臓は私が生で食べるからね あーん、ばくっ、むしゃむしゃがつがつもぐもぐぐちゅぐちゃむしゃむしゃ・・・・・ごっくん」

いろは「うん・・・・・やっぱり魔法少女の生の心臓は最高だよぉ 魔力がみなぎる感じがするよ」

俺「ほらいろはちゃん 鍋が煮えてきたよ じゃあ食べるかぁ まずはほむらのふくらはぎ肉から ムシャムシャモグモグ・・・ごくん 柔らかくてまろやかな味だねぇ」

いろは「あっ、ずるい!じゃあまどかさんの腕食べよっと もぐもぐもぐもぐ・・・ごくりっ あぁああ柔らかくておいしいよぉおお!!」

こうしてまどかとほむらは食べられ・・・全て終わったように思えた・・・そのとき

アルまど「・・・・・・ねぇ、私のお肉、そんなに美味しいのかな?」

俺「うわっ、まどか・・・いや、なんだこの魔力は・・・何者だ」

アルまど「私は円環の理 別の世界の鹿目まどかの行き着いた先だよ 魔法少女に不幸な未来をもたらすあなたたちは・・・私の手で葬ってあげる」

いろは「あはっ、まどかさんまた食べられにきたんだね 魔力がみなぎってて美味しそう・・・ハンバーグにして食べてあげる!」

ソース https://egg.5ch.net/test/read.cgi/applism/1539439275

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする